sarコマンドのオプションのまとめ

sar コマンド(System Admin Reporter)は、過去のシステムのデータが保存されるため、サーバの負荷・ボトルネックの原因の切り分けに役立つツールです。

sar はシステムの統計情報などを取得するパッケージの sysstat に入っています。sar のインストール・設定はCentOSでsarのインストールと設定にまとめてます。

sar はオプションなし・または -u オプションをで実行するとCPU の利用状況・使用率を表示します。デフォルトの設定だと、当日0時からの10分毎のCPU 利用率が表示されます。

# sar
00:00:01          CPU     %user     %nice   %system   %iowait    %steal     %idle
00:10:01          all      0.11      0.00      0.08      0.04      0.00     99.77
00:20:01          all      0.10      0.00      0.08      0.00      0.00     99.82
00:30:01          all      0.13      0.00      0.06      0.01      0.00     99.80
00:40:01          all      0.13      0.00      0.09      0.00      0.00     99.78
00:50:01          all      0.07      0.00      0.06      0.00      0.00     99.87


%user ユーザのプロセスによるアプリケーションのCPU 使用率
%nice ユーザが優先度(nice値)を変更した場合のCPU 使用率
%system カーネル(kernel)の実行に使われたCPU 使用率
%iowait ディスクI/O によるCPU のアイドリングの割合
%steal ゲストOS(仮想プロセッサ)のCPU リソースのアイドリングの割合
%idle ディスクI/Oの要求を除く、CPU のアイドリングの割合